楽天モバイルをGL-MT300N-V2 (Mango)を使い固定回線化する

  • URLをコピーしました!

楽天モバイルのRakuten Hand 5Gを使い始めたのは1円だったからです。

自宅で楽天回線がつながれば無制限なので、すべての端末をつなぎっぱなしにできます。

GL-MT300N-V2 (Mango)を使って、ほぼほぼつなぎっぱなしにできました。

Mangoを使って楽天回線を固定回線のように使ってます。

できちゃえば便利だけど、意外とてこずりました。

目次

Mangoには1Aと書いてある

GL-MT300N-V2 (Mango)の裏を見ると1Aと書いてあります。

1A(アンペア)とありますが、持ってる電源アダプタには2Aと書いてあります。

付属品のUSBケーブルは、一方がType-Aで、もう一方がType-Bです。

ノートパソコンに挿すのなら問題ありません。

けどコンセントから電源をとるのでと気になりました。

GL-MT300N-V2 (Mango)は1Aとありますが、2Aとある電源アダプタで問題なく使えています。

コンセントから電源をとる

コンセント(USBのType-A) → Mango(USBのType-B)

付属のUSBのType-A→Type-Bで電源をとってます。

USBのType-Bは徐々にType-Cになってきています。

Rakuten Hand 5Gにも充電されています。

楽天回線を接続する

Rakuten Hand 5Gを固定回線のように使うために、MangoのUSBのType-A端子にRakuten Hand 5Gを挿しています。

Rakuten Hand 5GでWi-Fiテザリングしてもいいんです。

長時間Wi-Fiテザリングすると、電池消耗が激しくスマホが熱くなります。

Mangoなら固定回線のように使うことができます。

パソコンもWi-Fiテザリング

Rakuten Hand 5GでノートパソコンとテザリングするときはUSBテザリングしてました。

USBのType-A側をノートパソコンに挿し、USBのType-C側にスマホに挿したらスマホに表示される設定画面で「USBテザリング」を選択するだけです。

けどMangoにはUSB端子は電源以外は1つしかありません。

その1つのUSB端子にRakuten Hand 5Gを挿しています。

結果、MangoはWi-Fiテザリングしかできなくなっています。

※ MangoのWi-Fiテザリングでも50Mbpsくらい出ています。

まとめ

Mangoの電源はコンセントからUSBのType-Bでとっています。

USBのType-AにRakuten Hand 5Gをつなぐことで楽天回線を固定回線ように使えます。

常にRakuten Hand 5Gに充電してることになりますが、スマホは全く熱くなっていません。

固定回線のように使いたいなら、Rakuten WiFi Pocket 2Cでいいと思います。

どMangoを使えば、携帯電話としても使えるのでMangoを使うのもありだと思います。


目次